文具の通販サイトで最新の人気商品を手に入れよう!

婦人

弔問客への感謝の気持ち

風呂敷

香典返しは、弔問客に対するお礼の気持ちを表すものとして重要な役割を持っています。弔問客はお線香やお花の代わりに、香典として故人に対して金品を供えてくれます。一般的には、その頂いた香典の3分の1から半額程度の品をお返しするということが多いです。香典返しを贈るタイミングとしては、四十九日もしくは三十五日が過ぎたあとになります。四十九日もしくは三十五日が過ぎると忌明けとなり、日常生活に戻ると言われていますので日常生活に戻って落ち着いたタイミングで贈るのです。ただし、これは仏式に関してのことなので、神式やキリスト教などそのほかの宗教によってタイミングは変わってきます。故人の宗教によって、やり方を合わせるのがよいでしょう。香典返しの品物としては、日用品が一番無難な品物と言えます。中でも、タオル・洗剤・お茶は定番の品です。洗剤は不幸を洗い流してくれるという意味が込められており、お茶には故人を偲ぶという思いが込められています。このように、その品が持つ意味合いを意識して香典返しの品を選ぶのもよいでしょう。ほかにも食べればなくなってしまう食べ物も、香典返しとして喜ばれます。また、忘れてはならないのが挨拶状です。香典返しの品だけを贈るのではなく、必ず挨拶状を添えるようにします。しかし、お通夜や葬儀などの対応に追われてしまうと、どうしても時間が取れずに手が回らなくなってしまうということはよくあります。お店まで品物を選びに行っている時間が取れそうにないというときには、通販サイトを利用するとよいでしょう。通販サイトでも、のしや挨拶状を付けることが可能ですので安心です。